10/28 女性医療フォーラム開催 @新宿

 1028日、京王プラザホテルにて女性医療フォーラムが開催されます。今回は「子宮内膜症に対する長期管理」と題して、東京大学の甲賀かをり先生にお話いただく予定です。子宮内膜症の治療は、腹腔鏡下手術と薬物療法に大別されます。薬物療法にも多くの選択肢があり、LEP製剤やプロゲスチン薬が使用されることが多くなってきています。子宮内膜症は、妊孕性温存が必要な時には長期管理が必要になります。甲賀先生は子宮内膜症の臨床・研究におけるわが国の第1人者です。
 ドロスピレノン含有のLEP製剤の連続投与が保険適用になりました。この連続投与が、心血管疾患のリスク軽減に及ぼす効果について、愛知医科大学の若槻明彦先生よりお話をいただきます。若槻先生は、わが国の女性医学のトップリーダーです。お二人の先生方からは、実地臨床に役立つお話が拝聴できると思います。

(吉村 やすのり)

カテゴリー: news   パーマリンク

コメントは受け付けていません。