12/4~12/5 公開シンポジウム「生殖細胞のエピゲノムダイナミクスとその制御」開催 @京都

文部科学省・科学研究費補助金・新学術領域研究の成果取りまとめ公開シンポジウム「生殖細胞のエピゲノムダイナミクスとその制御」が開催されます。領域代表者は京都大学医学系研究科の篠原隆司教授です。生殖細胞のエピゲノム研究の最先端のシンポジウムで、生殖医学の倫理に関するパネルディスカッションに参加させていただく予定です。ヒトの生殖医療に生殖医学研究がどのように貢献するか。その倫理的規制はいるのか、研究はどこまで許されるのかなどについて、基礎研究者とともに語り合いたいと思っています。

(吉村 やすのり)

カテゴリー: news   パーマリンク

コメントは受け付けていません。