日別アーカイブ: 2018年10月11日

わが国における多胎出産―Ⅳ

多胎率の国別比較 わが国は世界に先駆けて、移植胚を1個とする会告を出すことにより、世界でも生殖補助医療の多胎率の最も低い国となっています。多胎率が低いことは早産や低出生体重児、分娩時出血などの産科的リスクを減らすためには … 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

風疹の流行

風疹の流行拡大が止まりません。今年に入ってからの患者数は、首都圏を中心に800人に迫り、大流行した2013、2012年に次ぐ3番目の多さです。風疹は話や咳をした際に飛ぶ小さな水滴(飛沫)でうつります。1人の患者から6~7 … 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

新型出生前診断(NIPT)の現状と問題点―Ⅳ

NIPT臨床研究のまとめ NIPT検査は4年間で約58,000件実施されました。その約95%が高年妊娠を理由に検査を受けています。そして、陽性率は3つの疾患を合わせて1.79%、陰性率が97.9%、判定留保が0.35%で … 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。