日別アーカイブ: 2018年10月12日

わが国における多胎出産―Ⅴ

生殖医療がわが国の多胎率に及ぼす影響 生殖補助医療(ART)によって生まれる多胎は、わが国全体の12~16%を占めています。2015年のARTによる多胎は、1,607件でありますが、一般の排卵誘発によるものは2,522件 … 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

病気治療と仕事の両立支援

東京労働局の都内企業を対象に病気治療と仕事の両立支援について聞いた調査によれば、対応に取り組む企業は52%でした。以前なら離職していた病気でも医療の進歩で仕事と両立できるケースが増えています。従業員の健康対策として企業の … 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

新型出生前診断(NIPT)の現状と問題点―Ⅴ

NIPTにおける遺伝カウンセリングの意義 NIPTは母親の末梢血採血によって行う比較的簡便な検査ですが、胎児の染色体情報を取り扱う遺伝学的検査です。したがって検査を受ける際には、検査や遺伝に関する知識、ダウン症など検査対 … 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

11/10 子育て支援フォーラム in 福島 開催

児童虐待は依然として増加傾向が続き、大きな社会問題となっております。特に死亡児の低年齢化、中でも0歳児に集中していることが明らかになってきております。虐待による子どもの死亡を予防するためには、従来の早期発見・早期対応に加 … 続きを読む

カテゴリー: news | コメントは受け付けていません。