日別アーカイブ: 2019年1月15日

iPS細胞によるがん治療

人のiPS細胞から特殊な免疫細胞を作り、顔や首にできる頭頸部がんの患者に投与する臨床試験(治験)を計画しています。頭頸部がんは、鼻や口、喉、あご、耳などにできるがんの総称で、日本ではがん全体の5%程度を占めています。免疫 … 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

献体登録者数の増加

自分の遺体を大学の医学部や歯学部に無償で提供するのが献体です。学生の解剖学実習のほか、医師の技術向上のための解剖で用いられることもあります。遺骨が遺族の元に戻ってくるまで1~2年ほどかかりますが、遺体の引き渡し前に葬儀を … 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

医師の残業時間の上限

2024年度から勤務医に適用される残業時間の罰則つき上限について、一部の特定の医療機関に勤める医師では年間1,900~2,000時間の水準とする案を厚生労働省がまとめています。対象は、地域医療への影響が懸念され、救急・在 … 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

2/9~2/10 第9回日本がん・生殖医療学会学術集会開催 @岐阜

第9回日本がん・生殖医療学会学術集会が、岐阜大学医学部の森重健一郎教授の会長の下、岐阜で開催されます。今回のテーマは“拡げよう―がん・生殖医療のネットワークを全国に―”です。 現在までに岐阜県を始めとして11県でがん・生 … 続きを読む

カテゴリー: news | コメントは受け付けていません。