2/10 日本がん・生殖医療学会公開講座開催 @東京

 第8回日本がん・生殖医療学会公開講座の開催前日の210日、「がんサバイバーと里親・特別養子縁組」と題して、市民公開講座が都市センターホテルで開催されます。
 日本がん・生殖医療学会(JSFP)では、がんサバイバーのQOL向上のために、妊孕性温存療法について啓発を行ってきました。しかしながら、妊孕性温存療法を行っても児を得られないがんサバイバーは存在し、妊孕性温存療法自体を経済的理由をはじめとするさまざまな要因のため行えない方もいます。そのようながんサバイバーにとって里親・養子縁組制度は、子供をもち、家族を形成することができる重要な選択肢です。JSFPではその重要性を鑑みて、学術集会に先立って里親・養子縁組に関する市民公開講座を行うことにいたしました。この公開講座によってこれまで連携を持つことができなかった、医療者、児相・民間団体、がんサバイバーがお互いの考えを知り、望ましい連携体制の礎を築くことを目的として開催いたします。ぜひ多くの皆さんの参加を心より願っています。

(吉村 やすのり)

カテゴリー: news   パーマリンク

コメントは受け付けていません。