2/28 ウィメンズ・ヘルス・アクションシンポジウム in 東京 開催

 ~女性が輝きつづける社会へ!~ウィメンズ・ヘルス・アクションシンポジウムが開催されます。女性は、思春期、妊娠・出産期、更年期、老年期と生涯を通じて、ホルモンバランスが大きく変動し、また、結婚や育児などのライフステージによっても、心と体に男性とは異なる様々な変化が現れます。女性ホルモンの変動に伴い、月経不順や月経痛、月経前症候群(PMS)、不眠やうつなどQOL(生活の質)の低下を伴う心身の失調を起こしやすい特徴があります。女性の健康リスクを低減させることは、人生各期における女性の自己実現と社会参加を促進し、日本全体の経済発展と活力増進を促す力となります。今、様々な場所で思春期や妊娠・出産期、更年期などのライフステージに応じた女性の健康推進サポート強化の動きが生まれています。国や自治体、医療・教育の現場や職場・家庭・地域など全てが一丸となって、現代日本における女性の健康推進の必要性とその課題について考えるためのシンポジウムを、228()、東京大学「伊藤謝恩ホール」で開催します。
 今回のパネルディスカッションのテーマは、「女性の健康とライフデザイン」です。

(吉村 やすのり)

カテゴリー: news   パーマリンク

コメントは受け付けていません。