2/4 富山県医師会母体保護法指定医研修会にて特別講演 @富山市

 富山県医師会母体保護法指定医研修会にて、「生殖医療における生命倫理を考える」と題して特別講演をさせていただきます。母体保護法指定医の先生方に、医療の現状とその倫理的諸問題についてお話をさせていただく予定です。
 近年の生殖医療は今や一般的な不治治療として実施されるようになっていますが、実施にあたっては留意しなければならない注意点がたくさんあります。生殖医療は他の医療と異なり、同意を得ることができない別の人格である子どもの存在があることを忘れてはなりません。生殖医療においては、クライエント夫婦の自己決定権だけでは実施することができないこともあることを、心に留めておくことが大切です。

(吉村 やすのり)

カテゴリー: news   パーマリンク

コメントは受け付けていません。