4/22 「がんと妊娠」市民公開講座 開催 @松山市

愛媛生殖医学研究会主催の市民公開講座「がんと妊娠―若年女性の将来の妊娠と出産を考える―」が松山市にて開催されます。
近年、小児期に発症する様々ながんの治療成績が向上したことにより、将来の妊孕性温存は重要なテーマになっています。また、子宮頸がんや乳がんは性成熟期に発症することがあり、妊娠・出産の時期と一致することがしばしば見られます。そのためには、予防と検診による早期発見が大切です。
この公開講座では、前厚生労働大臣の衆議院議員の塩崎恭久先生に開会の挨拶をお願いしています。

(吉村 やすのり)

カテゴリー: news   パーマリンク

コメントは受け付けていません。