8/27 岐阜県子宮がん検診啓発セミナー 開催

 827日、岐阜県子宮がん検診啓発セミナーが岐阜市で開催されます。岐阜大学医学部の古井辰郎教授が「若年者のがん治療とその後の妊娠出産について」と題して講演をされます。近年、若年者のがん患者の治療成績が向上し、将来の妊孕性温存が実地臨床の大きな問題となってきております。岐阜県は、古井教授らを中心に全国に先駆けてがん・生殖医療ネットワークを設立されました。現在、全国に地域ネットワークが展開されております。
 講演では、野田聖子衆議院議員が「女性の活躍とヘルスケア」と題して特別講演をされる予定です。また、日本産科婦人科医会常務理事の鈴木光明先生が、子宮がん検診の有用性やその必要性について講演されることになっています。

(吉村 やすのり)

カテゴリー: news   パーマリンク

コメントは受け付けていません。