9/7~9/9 第57回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会 開催

57回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会が、18th APAGE Annual Congress 2017と同時開催されます。今回のテーマは、「内視鏡手術の進化・深化・真価を問う」です。外科や泌尿器科に10年以上遅れていた腹腔鏡下悪性腫瘍手術は、2014年から婦人科にも保険収載されました。がんの手術を実施する際には、低侵襲性が必要ですが、同時に根治性や安全性も求められます。悪性腫瘍においては、その長期予後を検討することが最も重要なテーマです。今回の学会では、他科や諸外科に比して著しく導入が遅れたがん腹腔鏡手術の安全性や適応拡大について、包括的に討論される予定です。

(吉村 やすのり)

カテゴリー: news   パーマリンク

コメントは受け付けていません。