不妊白書2018-Ⅶ

経済的な負担の現状

 

(不妊白書2018 NPO法人Fine発行)
(吉村 やすのり)

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

セカンドライフに必要な生活費

人生100年時代、定年後の人生は長くなっています。日本生命保険の調査によれば、セカンドライフに必要と考える生活費は、単身が平均約22.9万円、夫婦が同約27.6万円でした。年代が上がるにつれて金額が高くなる傾向にあり、夫婦の場合、60歳代の回答が平均で月約30.1万円と最も高額でした。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

不妊白書2018-Ⅵ

企業に求められる制度

 

(不妊白書2018 NPO法人Fine発行)
(吉村 やすのり)

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

ゲノム編集の臨床応用

11月27日、香港で3年ぶりにゲノム編集の国際会議が開催されました。その会議で、中国の研究者がゲノム編集で受精卵の遺伝子を操作し、世界初の双子を誕生させたと中国の研究者が発表しました。受精卵へのゲノム編集の臨床応用は、安全性の問題が未解決で、実施するのは無責任だとの意見が多く聞かれました。ヒトの受精卵にゲノム編集を行った基礎研究の論文は、英米中などから少なくとも計8本出ていますが、子どもを産ませる臨床応用ができるほど安全な技術とはいえません。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

処方された抗生物質

国立国際医療研究センター病院AMR臨床リファレンスセンターの調査によれば、医療機関などで処方された抗菌薬や抗生物質を、医師の指示通り最後まで飲み切っている人は、5割程度にとどまっていることがわかりました。症状が良くなった時点で服用をやめたり、余った薬を保管したりする人が多くなっています。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。