風疹とは―Ⅰ

先天性風疹症候群
風疹とは、春先から初夏にかけて流行する、風疹ウイルスによる急性感染症のことです。感染力が非常に強く、感染した人のくしゃみなどの飛沫から他の人にうつります。潜伏期間は2~3週間で、発疹、発熱、リンパ節の腫れなどの症状が現れます。大人になってから感染すると、症状が長引いたり、重くなったりすることがあります。また、風疹ウイルスに感染しても、症状が出ない場合もあります。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

企業が賃上げをする理由

東京商工リサーチが7,100社超を対象に実施した調査によれば、2018年度に賃上げを予定する企業は約9割を占めています。その理由で最も多かったのは従業員の引き留めで75%、人手不足に対応した守りの賃上げです。従業員の採用が31%でそれに続いています。新たな人材を確保して成長につなげようと企業の攻めの姿勢が広がり始めています。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

特別養子縁組の成立

親との死別や虐待などの理由で親元で暮らせず、社会的養護が必要な子どもは全国で約4万5千人います。海外では里親や養親に育てられる子が多いのですが、日本では8割以上が乳児院や児童養護施設などで暮らしています。国は、戸籍上は家族にならずに子どもを養育する里親や、特別養子縁組の制度を周知させ、家庭的な環境で暮らせる子どもの割合を増やそうとしています。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

都外への本社移転

信用調査会社・帝国データバンクの調査によれば、2017年に本社機能を都内から都外に移転した企業数が5年ぶりに増えました。2年連続で都内への転入数を上回っています。都内から転出した企業は前年比80社増の686社です。一方、都内への転入も15社増の599社です。都外への転出企業数は、バブル景気後の1992~1994年やITバブル景気後の2001、2002年にそれぞれ1千社を超え、約400~700社の転出超過でした。家賃の高い都内から経費削減のために転出する企業が多くなっています。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

妊娠高血圧腎症の予防法―Ⅲ

Nicolaidesらの多施設共同研究によれば、単胎26,941症例から2,971症例の妊娠高血圧腎症のハイリスク症例を抽出し、798例に妊娠11~13週からアスピリンを毎晩150㎎/㎎、妊娠36週まで内服させています。同時に偽薬を822例に投与されています。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。