コロナ禍での出産の支援

長期化する新型コロナウイルス感染拡大の影響による産み控え対策や妊婦の不安軽減につなげるために、自治体が祝い金などの名目で現金支給する動きが広がっています。コロナ禍で孤立しがちな妊婦を応援する目的です。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

iPS細胞を用いて着床の再現

オーストリアの研究グループは、iPS細胞などの技術を使用し、受精から5~6日の胚盤胞をつくり、子宮内膜組織から作製したミニ臓器を使い、着床の始まりを試験管内で再現することに成功しました。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

1/18 ジェミーナ配合錠オンライン講演会開催 @横浜

3ヶ月の連続投与可能なLEP製剤であるジェミーナ配合錠のオンライン講演会が開催されます。今回は神奈川県下の産婦人科の女性医師の先生方にお集まりいただき、LEP連続投与の意義についてお話をいただく予定です。 続きを読む

カテゴリー: news | コメントは受け付けていません。

不育症に対する支援

不育症とは、妊娠しても、流産や死産を2回以上繰り返したことがある場合を言います。1回の妊娠で、自然流産は10~15%の確率で起きます。2回以上流産するのは4.2%、3回以上は0.88%とされています。不育症の患者は、少なくとも30万~50万人と推定されています。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

医療事故発生報告件数の減少

医療事故を調査して再発防止に生かす医療事故調査制度の活用が低迷しています。この制度は2015年10月に始まりました。事故が起きると、医療事故調査・支援センターに報告し、医療機関が自ら調査するのが基本となります。しかし、制度の対象となるのは、医療に起因する予期せぬ死亡や死産と医療機関が判断した場合に限られます。第三者による調査ではなく、医療機関の自主的な取り組みに任されているというのが特徴です。このため、消極的な病院は報告自体をしない傾向があります。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。