小児がんの長期フォロー

小児がんの治療経験者は数万人に上り、20~39歳の若年成人の500~1千人に1人とされています。厚生労働省の調査によれば、2016年の1年間に小児がんと診断された0~14歳の患者は2,144人に上っています。米国の調査では、小児がんの5年生存率は2015年には85%を越えています。しかし、治療から平均13年後に、41%に晩期合併症の症状が出現し、その中の37%に複数の症状がみられます。内分泌障害と骨や筋肉の症状が最も多くなっています。小児がんは治ってからが重要で、医療者がかかわりながら自分の健康を管理していくことが必要です。子どものころに受けたがんの治療の影響が大人になってから出る晩期合併症を予防したり、早期に見つけたりするための長期フォローアップ外来が必要です。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

社外取締役の役割

社外取締役は、企業統治を強化するための鍵を握っています。企業の意思決定の最高機関である取締役会に参加し、社外の視点や専門知識を生かして経営に関する助言をします。経営幹部の選定や解職に関与することもあります。日本企業ではかつて社内出身者ばかりが取締役に就いていました。社内事情に詳しいという利点はありますが、取締役になっても反対意見を述べにくく、企業統治が機能しない状態になりかねません。そこで空気を読まずに発言してくれる外部の風を取り入れようと考えたわけです。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

3/20 長崎県市民公開講座「子宮頸がん― 予防するためには ―」開催 @長崎

3月20日、長崎新聞文化フォールにて市民公開講座「子宮頸がん― 予防するためには ―」が開催されます。長崎県医師会は、森崎正幸医師会長を中心に、子宮頸がん予防のためのさまざまな取り組みをされています。 続きを読む

カテゴリー: news | コメントは受け付けていません。

管理職女性へのセクハラ

日本とスウェーデンの研究者による共同調査によれば、非管理職の女性に比べ、管理職の女性の方がセクハラの被害を受けることが多いことが分かりました。セクハラなどは、一般的に上司ら立場の強い人が弱い人に行うケースが多いとされていますが、女性は地位が上がるにつれ、部下からも嫌がらせを受けるようになっています。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

研究力の低下

朝日新聞らの調査によれば、日本の大学の研究力が低下していると考える学長が7割にのぼっています。低下の理由については、7割の大学が基盤的経費の減少や教員の多忙化を挙げています。低下とした学長に理由を尋ねたところ、運営費交付金や私学助成などの基盤的経費の減少と教員の多忙化が72%で、最多でした。若手研究者の不安定雇用が43%と続いています。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。