中国のゲノム編集の双児

昨年11月に、中国広東省の南方科技大の賀建奎副教授が、ゲノム編集により遺伝子を改変した受精卵で双子を誕生させたと発表しました。同省の調査チームは賀氏の主張は事実だと認定しました。ゲノム編集を行ったのは、エイズウイルス(HIV)に感染した男性と、感染していないパートナーの女性との間でできた受精卵です。男性がHIVに感染し、女性は感染していない8組の夫婦の受精卵にゲノム編集の実験を行いました。その結果、8組のうち1組が、女の子の双子を出産しました。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

自殺者の減少

警察庁の集計によれば、2018年の全国の自殺者は、前年より723人少ない2万598人で、9年連続の減少となったことが分かりました。しかし、19歳以下の自殺者数は増加しており、若年層への対策が求められています。全体のうち男性は1万4,125人(前年比701人減)、女性は6,473人(同22人減)です。自殺死亡率(人口10万人当たりの自殺者数)は、前年から0.5人減って16.3人です。都道府県別では山梨が24.8人で最多、徳島が12.0人で最低でした。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

2018年の正社員の平均年収

転職サービスdodaの調査によれば、2018年の正社員の平均年収は414万円で、2017年より4万円減少しています。年代別でみると、20歳代は346万円と前年と同額でしたが、30歳代は前年比3万円減の452万円、40歳代が同13万円減の528万円、50歳代が同11万円減の650万円でした。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

がん診断時の年齢

厚生労働省の全国がん登録によれば、部位別にみると、男性は胃、前立腺、大腸、肺、肝臓の順で、上位五つの部位で67.8%を占めています。2014年時に4位だった前立腺は2015、2016年は2位になっています。女性は乳房、大腸、胃、肺、子宮の順で64.2%を占めています。男女合計では、大腸、胃、肺、乳房、前立腺の順でした。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

医師の働き方改革

医師の働き方改革を議論する検討会で、厚生労働省は、残業時間の罰則つき上限を、一部の勤務医で年1,900~2,000時間の水準にする案を示しました。2035年度末までの特例とし、対象の医療機関を重点的に支援して労働時間の短縮をはかります。企業に適用される上限の約2倍を認める案に、長すぎるとの批判も出ています。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。