公開シンポジウム「着床前診断―PGT-A特別臨床研究の概要と今後の展望―」開催

12月16日、日本産科婦人科学会主催の公開シンポジウム「着床前診断―PGT-A特別臨床研究の概要と今後の展望―」が開催されました。

 

2016年12月より、日本産科婦人科学会はPGT-Aに関する特別臨床研究として、パイロットスタディーを実施してきました。その研究成果の概要と今後の課題について討論されました。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

視線耐性とは

視線耐性とは、他人の視線を受け止められる力があるかどうかということです。相手の視線に耐える力、あるいは相手に見つめられても自然体でいられる力を指す言葉です。相手の目を見て会話するのはコミュニケーションの基本ですが、若い世代には苦手な人が多くなっています。視線を合わさず、自信がなさそうな印象を与えると、ビジネスではマイナスになることもあります。以前に比べ近所付き合いが少なくなり、幼少期から対面で接する人が減ったことが視線耐性低下の一因と考えられています。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

医療のビッグデータ制度

政府は、医療データを匿名化して民間が利用できるようにする次世代医療基盤法を施行しました。これが医療のビッグデータ制度です。制度の核となるのは医療機関からデータを集めて匿名化し、企業や研究機関に有料で提供する代理機関です。代理機関は2019年中にも認定する見込みです。どのような形式でデータを集め、提供するかは、代理機関の裁量が大きく関与します。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

日本語教室の必要性

外国人労働者が日本で円滑に働き、社会になじむためには、日本語の習得が重要です。日本語教育は、受け入れ企業やボランティア任せで、教育機関や教師も不足しています。文化庁によれば、日本語教育機関・施設は日本語学校やNPO法人、自治体による教室など全国に2,109か所あります。しかし、都市部に偏っており、日本語を教える場所がない空白地域に住む外国人は55万人に上っています。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

シニア世代の就業

人生100年時代を視野に、政府は70歳まで働ける環境づくりに向けた検討を始めています。シニア世代の就労が増えています。健康年齢が延び、元気な人が増えたことも背景にあります。また、改正高年齢者雇用安定法で、希望すれば65歳になるまで働ける制度の導入が、企業に義務付けられたことも要因となっています。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。