作成者別アーカイブ: sakamoto

がん・生殖医療における卵子や卵巣の凍結

 がん治療では、抗がん剤や放射線治療の影響で妊娠が難しくなる場合があり、あらかじめ卵子や卵巣などを採取し、凍結保存して将来の妊娠に備えることが必要となります。厚生科学研究によれば、不妊になる恐れがあるがん治療の前に、経済 … 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

商業主義的な遺伝子検査

 唾液を採取し、病気にかかるリスクを調べる遺伝子検査サービスが広がっています。遺伝子検査には、1つの遺伝子の異常により発症する単一遺伝子疾患を調べるものと、SNP(スニップ、一塩基多型)と呼ばれる個人が持つわずかな遺伝情 … 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

待機児童発生の解消に向けて―Ⅰ

発生のメカニズム  日本経済新聞において、一橋大学の宇南山氏は待機児童発生のメカニズムについて言及されています。待機児童とは、保護者が希望しても保育所に入所できない児童のことであり、経済学的に表現すれば、保育所への需要が … 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

災害時における周産期管理

 日本産科婦人科学会は、大規模な災害が起きた際、被災した医療機関から安全な機関への妊産婦や新生児の受け入れをスムーズに進めるための情報を共有するシステムを作りました。日本産科婦人科学会のシステムに登録されているのは、産婦 … 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

着床前遺伝子スクリーニング(PGS)の指針違反

 日本産科婦人科学会は、着床前遺伝子スクリーニングを実施した神戸市の産婦人科医に対し、24日理事会で会員資格と産婦人科専門医の資格を同日から3年間の停止処分とすることを決めました。今後会員として学会発表などが不可能になる … 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。