アルコール依存症の治療

アルコール依存症の治療で、酒量を少なくする減酒の考えを取り入れる医療機関が現れ始めています。減酒向けの新薬の処方は進んでおり、専門外来を開設するクリニックも登場しています。減酒外来では、医師と摂取するアルコールの目標値を設定したうえで、実際の飲酒量を記録するのが一般的です。最近ではスマートフォンなどのアプリで飲酒状況を管理する患者が増えています。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

多胎児家庭へのサポート

厚生労働省は2020年度から、双子など多胎児がいる家庭に対する支援事業を始めます。多胎児家庭に特化した支援策は初めてです。育児経験者をサポーターとして家庭に派遣するほか、同じ悩みを抱える親同士の交流会などを開きます。厚生労働省は、2020年度予算に産前産後の継続的な支援策として約240億円を計上していますが、その一部を多胎児支援に充てます。支援策を展開する自治体に対し、人件費と設備費を2分の1ずつ補助します。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

急性骨髄性白血病の移植

治療薬が効きにくいタイプの急性骨髄性白血病(AML)向けに、新しい分子標的薬が相次いで承認されています。骨髄などの造血幹細胞移植も、合併症を予防しやすくなり、治療の選択肢が広がってきています。AMLの治療は、まず複数の抗がん剤を使い、骨髄中に白血病細胞がなくなり白血球や赤血球などの数が正常範囲になる寛解を目指します。その後、半数近くの人は骨髄や臍帯血などの造血幹細胞を移植する2本立てで治療をすることになります。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

1/25 PGT-Mに関する倫理審議会開催 @東京

日本産科婦人科学会は、第1回PGT-Mに関する倫理審議会を開催致しました。倫理審議会委員は、日本人類遺伝学会をはじめとする医系学会の代表者14名、人文社会学系の専門家13名、計27名から構成されています。今後3回の予定で着床前遺伝子診断の適応について議論がなされることになっています。各種学会や患者会、メディアの方々が多数傍聴されました。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

民間企業の障害者雇用数

厚生労働省によれば、2019年6月時点の民間企業の障害者雇用数は、前年比4.8%増の約56万人に達しています。うち精神障害者は、前年比15.9%増の約7万8,000人に上っています。2018年4月から、障害者雇用促進法改正で、精神障害者が雇用に努める対象に加わり、法定雇用率が2.05から2.2%に引き上げられたこともあって増加が続いています。
同法は、障害者が働くうえでの支障を改善する措置を企業側に義務付けています。精神障害者の職場定着率は、他の障害者よりも低率です。独立行政法人の2017年の調査では、就労から1年後の職場定着率が、知的障害者の68%、身体障害者の61%に比べ、精神障害者は49%にとどまっています。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。