女性不況の現状

女性の非正規雇用が厳しくなる女性不況が鮮明になってきています。民間調査によれば、統計上は失業者や休業者に入らない女性の実質的失業者が2月時点で100万人を超えています。日本だけの問題ではなく、海外では英語の彼女(she)と景気後退(recession)を合わせた造語で、シーセッション(she-cession)とも呼ばれています。
野村総合研究所の調査によれば、シフト勤務が5割以上減少かつ休業手当を受け取れていない人を実質的失業者と定義すると、2月時点で女性の実質的失業者数は103万人に達しており、2020年12月時点の90万人から13万人増えています。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

説明責任を果たすAIの開発

AIは、入力した大量の情報を手がかりに、一つ一つ段階を踏んで改善策を導いていきます。富士通研究所が開発したAIは、何をどのような順序で変えればいいという手順を、誰でも分かるように見える化し、結論に至った理由を説明できるようにしています。米国人工知能学会が2月上旬に開催した国際会議で、発表して高い評価を得ています。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

3月8日は国際女性デー

日本経済新聞らが、3月8日の国際女性デーに合わせて実施した調査によれば、女性社内役員は2年で1.6倍に増え、平均7%に達しています。社外取締役として起用する例が大半だった日本でも、社内役員が増え始めています。しかし、欧州では取締役での女性比率が4割に上る国もあり、海外水準には遠く及びません。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

福島県民の放射性物質の不安

事故後、福島県民を対象に定期的に実施している世論調査によれば、放射性物質への不安を感じているは、徐々に減っていきました。2012年3月の調査では78%、事故5年後の2016年は68%、主な除染作業が完了した翌年の2019年は60%、2020年は56%です。それでも半数を下回ることはなく、2021年2月の調査では64%でした。少し増えています。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

「わたしたちのヘルシー ~心とからだの話をはじめよう~ 」 クロージングトーク

3月6日からの2日間にわたり、Women’s Health Action(WHA)は、CINRA NETと共催で、女性の心とからだのヘルスケアに関する様々な活動を企画し、多くの視聴者の方々に多くのメッセージを提供してきました。本企画の終了にあたり、「3人の医師から女性たちに今伝えたいこと」と題して、副代表の対馬ルリ子先生、大須賀穣先生とともに、クロージングトークをさせていただきました。

 

対馬先生は「誰にも相談できない事情をもっている女の子たちの救済」、大須賀先生は「未来の自分のためにはじめる、からだへの気遣い」、私は「『マザーキラー』と呼ばれる子宮頸がんの予防」を女性と健康に関して今一番伝えたいテーマとしてお話しをさせていただきました。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。