ロスジェネ世代の直面する課題

1970~1982年頃に生まれた世代は、ロスジェネとも言われます。バブル崩壊後の1990年代半ばから2000年代初頭の就職難の時期に社会に出た就職氷河期世代は、若年期に良好な雇用機会に恵まれなかったため、長期にわたり経済的に不利な立場に置かれてきています。現在、中高年となった就職氷河期世代がこれから直面する問題は、大きく2つあります。独身の低所得者が親に頼れなくなり困窮することと、氷河期世代自身の老後の低年金の問題です。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

アルツハイマー病の血液による早期診断

東京大学の研究グループでは、新たな血液検査技術がアルツハイマー病を発症する前の早期診断に利用できることを日本人を対象とした調査で確認しています。発症にかかわるといわれるたんぱく質の脳内の蓄積を高い精度で予測でき、将来の早期の診断や治療につながるかもしれません。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

大学発のスタートアップの増加

経済産業省の大学発スタートアップ調査によれば、2023年度の社数は、2022年度比506社(13%)多い4,288社でした。増加数、社数ともに過去最多となっています。増加数では大阪大学が61社と首位で、北海道大学も大幅に増えるなど東京圏以外の躍進が目立っています。優れた研究成果の事業化が進めば、新産業や雇用の創出にも大きく貢献することが期待されています。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

コロナ貯蓄の取り崩し

コロナ禍で政府が給付金を支給する一方、家計は消費を控える傾向が強く、超過貯蓄やコロナ貯蓄と呼ばれる余裕が一時的に生まれました。第一生命経済研究所の分析によれば、コロナ貯蓄は、2022年10~12月期の47.9兆円をピークに、2023年10~12月期に41.9兆円まで減少しています。つまり、個人が新型コロナウイルス禍で積み上がった貯蓄を取り崩しています。2023年に3兆〜6兆円が支出に回っています。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

早期退職の増加

新卒や入社数年の若手社員の早期退職が目立っています。就活情報サイトであるキャリスタの調査によれば、43%が転職活動中もしくは転職を検討しています。転職ニーズの高まりは、転職サービスへの登録数にも表れています。実際に転職に踏み切った若手も多くなっています。正社員として勤務する入社1~3年目の17.5%が、自己都合退職を経験したとの調査もあります。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。