日本紅斑熱

 日本紅斑熱は、リケッチアの一種であるRickettsia japonicaを起因病原体として、マダニに刺咬されることにより感染します。近年、マダニ感染者が増加しています。昨年は過去最多の276人、死者1999年以降で21人の上っています。毎年、夏から秋が患者の増える季節です。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

特別養子縁組

 特別養子縁組とは、生みの親が育てられない子どもと血縁関係のない夫婦が、改訂裁判所の判断で法的に親子になる制度です。親となる人の年齢以下であれば、縁組できる普通養子縁組と違って、相続などの生みの親との法的関係が消え、戸籍上も実子と同じ扱いになります。これまで子どもの対象年齢は6歳未満でしたが、政府はこの年齢を引き上げることを検討しています。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

ルイスの転換点

 1979年ノーベル賞経済学賞の受賞者であるイギリスの経済学者であるアーサー・ルイスによって提唱された、人口流動モデルの概念をいいます。工業化が起こり、農業部門から工業部門への労働の移行が進み、農村から都市部への人口移動がほぼ終わり、労働力の供給不足から賃金上昇が加速し、経済成長のプロセスにおける重要な転換点となります。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

大学への納付金額

 納付金額をみると、私立大学よりも国立の方が安くなっています。これは、国から支出される金額に差があるためです。国立86大学に対し、運営費交付金として、国は約11,000億円を拠出しています。これに対して、約600校ある私立大学に対しての助成金は約3,150億円にすぎません。学生1人当たりでみると、国立の学生は、私立の学生の約17倍ものお金を国から受けている計算になります。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

脱時間給制度

 脱時間給制度とは、高い専門的知識を必要とする職種に限り、労働基準法の規定を適用しない働き方を認める制度です。同法では労働時間や休日・休憩の取得、残業した時の割増賃金などが定められていますが、こうしたルールは適用されません。通常の労働者と異なり、働いた時間ではなく、仕事の成果に対して賃金が支払われます。忙しい時期に集中的に働くなどメリハリのある効率的な働き方ができる一方、成果を求めるあまり、長時間労働につながるとの懸念もあります。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。