在宅勤務を増やすためには

4度目の緊急事態宣言が発令され、政府はたびたび企業に出勤7割削減を要請していますが、その動きは鈍いままです。コロナ禍での在宅勤務の状況は、大企業・上場企業は制度導入を加速させていたものの、実際の利用者は少ないという現実があります。2020年4月の緊急事態宣言を契機に、在宅勤務の利用割合は一気に高まりました。緊急事態宣言の解除を受けていったん低下はするものの、それ以降は緊急事態宣言下でも高まる気配がみられていません。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

ブレイクスルー感染の仕組み

新型コロナウイルスの感染ワクチンを2回接種して2週間が過ぎた頃には、体内にコロナウイルスをブロックするのに十分な量の抗体ができています。しかし、ウイルスにさらされる機会がなければ、時間の経過とともに抗体量は減っていきます。抗体量がかなり少なくなると、ウイルスが体内に入った時に感染を防ぎきれず、ここでブレイクスルー感染が起きます。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

配偶者同行休業制度の利用

共働き夫婦のキャリアは、互いに協力し合って築くもので、どちらか一方の仕事の都合を優先する時期は遅かれ早かれ必ず訪れます。夫婦のどちらかが海外赴任する際利用できるのが、配偶者同行休業制度です。この配偶者同行休業制度は、国や自治体、一部の企業で導入されています。2013年成立の関連法では、海外同行時に退職する必要があった公務員について、最長3年の同行後の復帰が可能になっています。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

養育費不払い

貧困状態にあるひとり親家庭が多い背景には、不安定就労と低賃金に加え、養育費が十分に支払われていないことがあります。母子世帯のうち、離婚に際して元夫と養育費の取り決めをしたケースは42.9%に過ぎません。約束が履行され、養育費を受け取っているのはわずか24.3%です。養育費の取り決めが低調な理由として、母子家庭では、相手と関わりたくないが31.4%と最多です。続いて相手に支払う能力がないと思ったが20.8%です。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

65歳以上の雇用

読売新聞の調査によれば、企業は65歳以上の就労について検討はしているものの、実際の取り組みには至っていない現状が明らかになっています。2018年と今回の回答を比較すると、改正高齢者雇用安定法により、4月から65歳以上の就業確保が努力義務となったことで関心は高まっているものの、義務ではないために、様子見の企業が多いことがうかがえます。取り組んでいるは30社から34社と、4社しか増えていません。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。