人事院規則とは

人事院規則とは、人事院が国家公務員の任免や定年、身分保障、懲戒、勤務条件に関する行政措置の要求、政治的行為などさまざまなるルールを定めた規則のことをいいます。国家公務員は民間企業で働く従業員と違い、労働基準法が適用されません。そのため人事院規則や一般職の職員の勤務時間、休暇などに関する法律(以下、勤務時間法)が定める公務員の労働規則に従って働いています。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

心の性について考える

トランスジェンダーとは、自分の性別が出生時の性別(戸籍上の性別)とは異なると感じている人を指します。性的関心の対象による異性愛、同性愛とは別の概念です。一方、性同一性障害は精神科の疾患名です。トランスジェンダーの中には、違和感や苦痛を改善するために身体的な治療に進む人が少なくありません。戸籍上は男性ですが、自分の性別を女性だと認識しているトランスジェンダーに対して、女子大への受け入れがさまざまな大学で検討されています。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

仕事と不妊治療の両立―Ⅳ

特定不妊治療への助成

(仕事と不妊治療の両立支援のために 厚生労働省)
(吉村 やすのり)

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

国家公務員の残業規則

人事院は、国家公務員の残業を抑制するため、原則として年360時間、業務量の加減がしにくい部局で720時間までの残業上限を設けるとしています。長時間労働が横行する仕事環境を改めるよう促しています。人事院は、これまでの法的拘束力のない指針から規則に格上げします。法令に書き込むことで、各府省庁が順守しなければならないようにします。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

仕事と不妊治療の両立―Ⅲ

不妊治療の流れ

(仕事と不妊治療の両立支援のために 厚生労働省)
(吉村 やすのり)

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。