介護費用の増加

 日本の人口に占める65歳以上の割合は、2000年の17.4%から2015年には26.7%に上昇しました。団塊世代のすべて75歳に達する2025年には、30.3%に高まる見通しです。高齢者が増えるにつれて介護を必要とする人も増え、2015年の約450万人から2025年には600万人を超えると推計されています。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

大学入学のための資金

 大学合格発表後にはまとまったお金が必要になります。全国大学生活協同組合連合会が、2016年度の新入生の保護者約21千人に調査したところ、受験から入学までにかかった費用の平均額は、下宿生で200万円を超えてしまいます。費用面で準備・工夫したことでは、貯金を切り崩したが約35%を占めています。日本学生支援機構の奨学金を予約しても振り込みは入学後になってしまいます。入学後は生活費の仕送りも必要になります。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

プレミアムフライデー

 毎月末の金曜日に、午後3時で仕事を切り上げようという取り組みのことです。今日がプレミアムフライデーです。早く帰ることによって、自由な時間が増えて、個人消費が盛り上がることを期待しています。第一生命経済研究所の試算によれば、飲食店や小売業など、サービスを提供する側を除く国内全ての企業が午後3時退社を実施すれば、1日で1,236億円の経済効果があるとしています。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

認知症診断の遅れ

 75歳以上のドライバーは、運転免許の更新時に認知機能検査を受けます。更新期間満了日の6カ月前から受けられます。今は認知症のおそれと判定されても、一定の交通違反がなければ医師の診断を受ける必要がなく、多くの人が免許を更新できています。高齢ドライバーの認知症対策を強化した改正道路交通法が、来月施行され、医師の診断が義務づけられる人が一気に増えることが予想されます。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

妊産婦の自殺

 東京都監察医務院と順天堂大学の調査によれば、20052014年に、妊娠中から産後1年未満の間に自殺で亡くなった女性は、東京23区内だけで計63人にも達しています。出血など身体の病気による妊産婦死亡を上回っています。産後に自殺した40人のうち、5割が産後うつやうつ病、統合失調症といった精神疾患を持っていました。産後の急激なホルモンの変化や育児に悩んだりすることが要因と考えられています。産後うつは全産婦の1割が経験するため、早期発見と治療が重要となります。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。