骨粗鬆症による大腿骨骨折

 厚生労働省の調査によれば、骨粗鬆症で起こりやすくなる中高年の大腿骨骨折の人口あたりの割合は、西日本で高く、北海道や東北地方で低いことがわかりました。2015年に大腿骨を骨折した人は、男性32千人、女性12万人でした。女性に圧倒的に多く、寝たきりになってしまいます。更年期以降のエストロゲン欠乏が原因となっています。高齢者ほど骨折しやすく、75歳以上が男性で76%、女性で87%を占めています。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

ミドル世代の転職

 中途採用市場で年収1千万円以上の求人が増えています。経営のグローバル化やITの普及を背景に、自社にない知識やスキルを持った即戦力を高年収で獲得する流れが強まっています。1千万円求人が増えている背景に、高年収になりやすいミドル世代の転職増加があります。35歳以下の若手の中途採用は、社内風土に合わせて育てることができます。経験を積んだ即戦力の採用増加は、企業経営にスピード感が求められていることによります。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

臓器移植

 1997年に臓器移植法が施行され、20年が経過しました。年々増加の傾向にありますが、諸外国に比べて目立って少ない状況です。2016年は64件ありましたが、100万人あたりの提供者数は0.7人であり、スペイン39.7人に比してかなり少なくなっています。内閣府の2013年の調査によれば、脳死となった場合に、「提供したい」「どちらかといえば提供したい」という人は43.1%であり、15年前より10ポイント以上増加しています。20歳代は63.9%、30歳代55.9%と若い世代で半数を超えています。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

がん生殖医療ハンドブック ―妊孕性生殖機能温存療法の実践ガイド― の上梓

 がん生殖医療ハンドブックが、メディカ出版より上梓されました。小児、思春期・若年成人(AYA)世代のがんサバイバーのQOL向上を目指した医療連携のための知っておきたい必須知識が掲載されています。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

理想の子どもを持たない理由

 結婚しているカップルに持ちたい子どもの数を聞けば、9割以上のカップルが23人と答えています。しかし、合計特殊出生率は1.44に過ぎません。理想の子どもを持たない理由として、第一に子育て教育にお金がかかりすぎることが挙げられます。保育所や幼稚園に通うには利用料を支払います。小中学校は義務教育で無償ですが、学用品や学校行事にかかるお金は自己負担です。塾やピアノといった習い事にもお金がかかります。高校や大学に進めば、さらに費用がかさみます。幼稚園から大学まで全て公立でも、1人計1,000万円以上必要というデータもあります。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。