内閣官房参与の役割

現在、安倍内閣の内閣官房参与を務めているのは12名です。2013年の3月より少子化対策・子育て支援担当として任命されて、4年が経過しました。日本経済新聞に内閣官房参与についての記事が掲載されました。わが国の少子化の現状や子育て支援のための政策を理解していただけるように、公開講座や講演会を通して、ささやかながら社会に対してメッセージを送り続けています。

(2017年5月19日 日本経済新聞(夕刊)ニュースぷらす「政界Zoom」)
(吉村 やすのり)

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

6/24 第2回日本母性内科学会総会・学術集会 開催 @東京

 第2回日本母性内科学会総会・学術集会が、624日東京国際フォーラムで開催されます。様々な分野の内科医と産婦人科医が集まり、妊娠に関わる様々な疾患を取り上げ、女性の健康を包括的に支援する学際的な学会です。去年の第1回の学術集会では、「女性の健康の包括的支援のために―日本母性内科学会に求められるもの―」と題して特別講演をさせていただきました。 続きを読む

カテゴリー: news | コメントは受け付けていません。

五十肩

 五十肩は、50歳代で発症することが多いので、五十肩と呼ばれていますが、40歳代で発症することも、60歳近くになって起こることもあります。正式名称は肩関節周囲炎と呼ばれ、発症原因は不明です。肩関節を構成する組織が加齢とともに変化し、炎症が起きます。怪我をしていないのに、ある日突然、片方の肩が激しく痛み、腕を上下左右に動かせなくなります。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

うつ病患者の病休

 厚生労働省研究班の調査によれば、うつ病になって病気休暇を取った会社員の半数近くが、職場復帰から5年以内に再発し、再び病休を取っていたことが分かりました。従業員数1,000人以上の大手企業でなど35社の社員で、20024月から6年間にうつ病で病休を取得し、職場復帰した社員540人を追跡調査しています。職場復帰から6カ月の時点で全体の19.3%、2年で37.7%、3年で42.0%となり、5年では47.1%に達しています。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

機能的病床数の見直し

 2006年の診療報酬改定により、患者7人に対して看護師1人を手厚く配する急性期病床(回復期病床では151程度)に対し、1日あたり15,660円という高価格を設定しました。それにより、政府の想定をはるかに超えて、全国に急性期病床が急増してしまいました。その結果、高度急性期を含む急性期病床が全体の約6割を占め、回復期病床は1割程度にすぎない状況にあります。わが国の高齢化は今後一層進展するので、重症患者のための急性期病床よりも、高齢者などがリハビリをするための回復期病床が、今後数多く必要となります。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。