ウィメンズ・ヘルス・アクション― メディアセミナー ―開催

ウィメンズ・ヘルス・アクション実行委員会は働く女性の健康を守るため、様々な活動をしてきています。その一環として、女性のヘルスリテラシーの向上のため、メディアの方々に女性の健康問題に関する様々な研究成果や課題を提供し、社会に向けて情報発信をしていただくためのメディアセミナーを開催しています。

 

今回のテーマは、「働く女性の4大悩みを解消!“うこぴが”」です。「うこぴが」とは「うつ、更年期障害、PMS(月経前症候群)、がん」の頭文字からとったものです。病気になると、辛い、苦しい、一人で悩んでしまうことも多々あります。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

ハゲタカジャーナルとは

適切な審査を経ずに論文を掲載し、料金を取るオンライン上の粗悪学術誌が大学界で問題になっています。ハゲタカジャーナルと呼ばれ、信頼性を疑問視されていますが投稿が後を絶たちません。見せかけの研究業績づくりに利用される恐れがあります。学術誌は、読者の購読料で運営されている伝統的な雑誌とオープンアクセス(OA)と呼ばれ、ネット上で無料で閲覧できるものがあります。OA誌は論文の投稿者が支払う掲載料が収入の柱であり、その中でも掲載料を稼ぐ目的で運営されている粗悪な媒体が、ハゲタカ誌と呼ばれています。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

認知症の人が保有する金融資産

認知症の人が保有する金融資産は、2017年度末時点で143兆円と推計されます。2030年度には215兆円に達する見込みです。裁判所の統計によれば、成年後見制度の利用申し立ての動機として一番多いのが、預貯金などの管理・解約です。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

児童虐待通告の増加

虐待を受けた疑いがあるとして、全国の警察が児童相談所(児相)に通告した18歳未満の子どもは、昨年1年間で8万104人でした。前年より22.4%増え、過去最多を更新しています。統計がある2004年から14年連続で増え、摘発も最多の1,355件に達しています。配偶者などパートナーに対する暴力(DV)被害いわゆる心理的虐待も15年続けて増えています。警察庁は虐待の通告が増えた理由を、児童虐待への国民の意識が高まり、相談や情報が数多く寄せられ、警察への通報も増えたとしています。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

平成30年人口動態統計の年間推計

厚生労働省は平成30年12月21日付で平成30年(2018年)の人口動態(推計値)を発表しています。

1.出生数
出生数は92万1,000人で、前年より2万5,000人減少しました。出生率(人口千対)は7.4(前年7.6)と推計されます。出生数の減少はおさまりそうになく、来年度には90万人を切ることが予想されます。
2.死亡数
死亡数は136万9,000人で、前年より2万9,000人増加しています。死亡率(人口千対)は11.0(前年10.8)と推計されます。
3.自然増減数
自然増減数は44万8,000人減で、前年よりさらに5万4,000人減少しました。自然増減率(人口千対)は3.6減(前年3.2減)と推計されます。
4.婚姻件数
婚姻件数は59万組、前年より1万7,000組減です。婚姻率(人口千対)は4.7(前年4.9)と推計されます。

(日本産婦人科医会報 第71巻2号№816)
(吉村 やすのり)

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。