若年妊娠の現状と背景

2016年の10代の妊娠は、全体で年間25,761件です。うち266件は14歳以下であり、10代妊娠の56.9%(14,666件)は人工妊娠中絶、43.1%(11,095件)が出産に至っています。10代の人工妊娠中絶率は、1995年から2002年にかけて急上昇しましたが、性交経験率の低下などの影響により、2016年には女子人口千対5と急減しています。15歳以上の出産数が減少しているにもかかわらず、重い背景を抱えていると推定される14歳以下での出産が減少していません。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

高齢出産リスクを考える

AERA  6月25日号では、「40歳で母になる。50歳で父になる」が特集されています。


続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

特別養子縁組制度を考える―Ⅰ

制度の見直し
法務省によれば、特別養子縁組制度は年間500件前後です。2014~15年度に児童相談所や民間のあっせん団体が、特別養子縁組を検討すべきだと判断しながら、断念したケースは298件にも達しています。うち46件は子どもの年齢制限が理由で成立していません。同省は、昨年7月に緩和に向け有識者の研究会を設置しています。対象年齢について、小学校卒業を基準とした12歳未満や、本人の意思の尊重を定めた民法規定に合わせて15歳未満とする案が浮上しています。諸外国では、ドイツとい英国は18歳、フランスと韓国は15歳です。特別養子縁組だと養親側から離縁はできません。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

ゲーム障害

世界保健機関(WHO)は、オンラインゲームやテレビゲームのやり過ぎで日常生活が困難になるゲーム障害を新たな疾病として認定しました。依存症の一つとして、国際疾病分類(ICD-11)の最新版に加えました。スマートフォンやタブレット端末の普及に伴って、ゲーム依存が広がり、世界各国で問題化していることが背景にあります。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

虐待による死亡例

厚生労働省社会保障審議会児童部会「児童虐待等要保護事例の検証に関する専門委員会」第13次報告によれば、この13年間の虐待による死亡1,164人のうち、心中以外のものについて最も多いのは、0歳児(313人)の死亡であり、うち生後0日目の死亡が124人と最多でした。0日目の死亡事例のうち約半数は、若年の母による出産・虐待死です。


続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。