今年のノーベル生理学・医学賞

今年のノーベル生理学・医学賞は、熱・触覚センサーの発見で米の2教授に与えられました。もしも火の熱さや、物に当たったことに気づかなければ、大怪我につながってしまいます。生物が生きる上で必須の感覚センサーの仕組みは、熱や圧力の刺激で開閉するたんぱく質の発見にありました。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

子どもへの新型コロナウイルスワクチンの接種

米国では、ファイザー社らが新型コロナウイルスワクチンの接種を、現在の12歳以上から5歳以上に引き上げるようFDAに申請しています。日本を含む各国は、これまでワクチンの接種対象を12歳以上としてきました。子どもに対象を広げる検討が活発になってきた背景には、感染者の増加があります。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

リカレント教育の広がり

文部科学省は、2015年に大学などが開く社会人対象の教育課程のうち、一定の条件を満たすものを職業実践力育成プログラムに認定する制度を始めました。国もリカレント教育の普及に努め、政府が2018年にまとめた未来投資戦略では、大学・専門学校などの社会人受講者を、2015年度の約49万人から2022年度に100万人に増やす方針を明記しています。しかし、最新の2018年度統計では約47万人と伸び悩んでいます。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

新型コロナウイルス感染症の検査

厚生労働省は、新型コロナウイルスへの感染を手軽に調べられ、結果も早く出る抗原定性検査キットの薬局での販売を特例的に認めています。医療用に承認された検査キットの市販は、コロナ流行時限定とはいえ異例なことです。背景には、ワクチン接種が進んだ段階で、経済活動再開を加速するのに活用したいとの政府の思惑があります。 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

10/26 女性の健康プロジェクト「リプロダクティブヘルス・プラットフォームの構築」キックオフシンポジウム 基調講演 @東京

女性の健康プロジェクト「リプロダクティブヘルス・プラットフォームの構築」キックオフシンポジウムが、日本医療政策機構により開催されます。本シンポジウムは、全ての若者が教育・相談の機会を得られる社会の実現を目指すプロジェクトの一環として行われます。 続きを読む

カテゴリー: news | コメントは受け付けていません。