作成者別アーカイブ: nishimura

学校が抱える課題

学校が抱える課題は、この20年で大きく変化しています。子どもの貧困や多国籍化、教員の過労など現場で生じる課題が多様で複雑化しています。教育大学では、教員以外にも学校を支える人材を育成しようとしています。学校で実際に働く臨 … 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

受動喫煙対策に憶う

受動喫煙対策を訴える肺がん患者に対し、自民党の国会議員が「いい加減にしろ」と6月15日の厚生労働委員会でヤジを飛ばしたことが問題となっています。参考人として委員会に出席したのは、日本肺がん患者連絡会理事長の長谷川一男氏で … 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

「社会は変えられる―世界が憧れる日本へ―」上梓される

江崎禎英氏により、「社会は変えられる―世界が憧れる日本へ―」が国書刊行会から上梓されました。超高齢社会に突入したわが国が、高齢化に伴う諸問題とどのように向き合うべきかについて言及されています。

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

7/25 第103回受胎調節実地指導員認定講習会で講演

本講習会は、保健師、助産師、看護師の方が受胎調節実地指導員の国家資格を取得するための講習です。市区町村の母子保健の現場で両親学級や思春期保健事業を担当する方、産婦人科で患者さんの避妊指導に当たる方、出前性教育や意図しない … 続きを読む

カテゴリー: news | コメントは受け付けていません。

超高齢化社会

経済財政諮問会議は、高齢者人口がピークに差し掛かる2040年度での年金、医療、介護などにかかる費用を推計しています。高齢化で社会保障給付費は190兆円となり現在の1.57倍に達します。この頃、今の高校生は40歳前後になり … 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。