カテゴリー別アーカイブ: what’s new

わが国における母体血胎児染色体検査(NIPT)の現状―Ⅰ

研究参加施設数と実施件数  2013年4月から2017年9月末までの4年6か月の期間に臨床研究として実施された検査総数は50,098件でした(2017年11月11日までの報告について集計)。検査実施施設数は 2013年 … 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

保育・幼児教育の社会に対する効果

 待機児童解消は母親の就業を支援することにより、労働力人口の増加、労働市場や職場での競争の機会均等化と活性化につながり、経済効果を生む可能性があります。認可保育園に通う6歳未満人口の割合が高ければ高い都道府県ほど、母親の … 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

都道府県別の平均寿命

 厚生労働省は、2015年の都道府県別の平均寿命を発表しました。5年に一度、国勢調査をもとにつくられるものです。男性は前回調査(2010年)で2位だった滋賀が81.78歳で初の首位となりました。女性は87.675歳の長野 … 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

大学の定員

 大学は入学定員を減らすことを考えています。大学の入学定員は19990年頃から急増し、2000年以降も緩やかに増え続けてきました。文部科学省によると2016年4月時点で約59万3千人で、1992年より12万人増えています … 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

保育・幼児教育の子どもへの支援

 保育・幼児教育の第一主義的な目的は、子どもたちの健全な発達を支援することと、そのために親による適切な養育を支援することにあります。1~2歳の子どもを認可保育所に預けた親たちは、預けなかった親たちと比べて、1年後に子ども … 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。