カテゴリー別アーカイブ: what’s new

認知症支援拠点の開設

都の調べによれば、要介護・支援認定を受ける都内の高齢者のうち、認知症の症状を持つのは2016年時点で約41万人もいます。試算では、団塊世代が全員75歳以上になる2025年に約56万人と1.4倍に増えます。65歳以上の高齢 … 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

ADHD児に対する取り組み

注意欠如・多動症(ADHD)は、年齢や発達の水準からみて不相応な多動性、衝動性、不注意の3つの症状が特徴です。子どもの場合、教室でじっと座っていられなかったり、整理整頓が苦手といった症状、大人の場合は仕事でケアレスミスが … 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

潜在労働力

厚生労働省の推計によれば、女性を中心に、保育・看護・美容分野の潜在労働力は230万人いるとされています。これら業界の就業者は女性比率が高くなっています。2015年の国勢調査では、保育士は97%、看護師は93%、美容師は7 … 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

認知症の患者の増加

政府によれば、2012年に462万人だった65歳以上の認知症の患者数は、2025年に675万~730万人まで拡大する見通しです。65歳以上の認知症の割合は、同年に20%までに上昇する可能性があり、高齢者の5人に1人が認知 … 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

性別適合手術の実施

心と体の性が一致しない性同一性障害(GID)の人が受ける性別適合手術に4月から公的医療保険の適用が認められました。しかし、性器の除去と形成をする手術については、保険適用の事例が半年で1件にとどまっています。ほとんどの患者 … 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。