日別アーカイブ: 2019年11月12日

わが国における生殖補助医療の現況―Ⅷ

新鮮胚および凍結胚のSET率 新鮮胚および凍結胚のSET(Single Embryo Transfer)率は、年々上昇し、2017年において8割以上の周期でSETが実施されています。   (吉村 やすのり)

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

女性が社会でもっと活躍するためには

海外では要職を務める女性が多くなっています。役員の女性比率はフランスで37%、英国は27%に達しています。これに対して日本は3.4%と、主要7カ国で最下位です。最高経営者(CEO)では0.4%しかいません。結婚や出産を理 … 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。

11/23 慶應義塾大学医学部産婦人科学教室 百周年記念式典・祝賀会 開催 @東京

慶應義塾大学医学部産婦人科学教室は、大正八年に初代川添正道教授が着任され、今年で百周年を迎えることとなりました。この節目の年にあたり、百周年記念式典・祝賀会を開催致します。記念講演として、慶應義塾大学前塾長の清家篤先生を … 続きを読む

カテゴリー: news | コメントは受け付けていません。

虐待が脳に与える影響

幼児期に虐待を受けるとトラウマとなり、自分の子どもにも同じように虐待するケースは、虐待の世代間連鎖と呼ばれています。海外の調査では、虐待を受けたことのある親の約3分の1が自身の子を虐待するとの報告があります。医師やカウン … 続きを読む

カテゴリー: what's new | コメントは受け付けていません。